【経験談】むりやり笑顔の練習をした結果…。

こんにちは。

「潤沢LIFE」のhiroです。

今回は,「無理やり笑顔を作ったら,どうなったか」をお話します。

無理やりでも笑えば,効果絶大。


1ヶ月間,毎日欠かさず笑う練習をした結果…。

普段過ごしている中でも,表情が明るくなり、心も晴れ渡るようになりました。

顔周りの体温が上がり、鏡に映る自分の笑顔をみると、和やかな気持ちになり、自分を肯定できるようになった気がします。

なぜ、笑う練習を始めたか。

それは僕がうつ病になり、心が沈んでいて、「なんとか気分をあげる方法はないか」と考えたか結果、笑顔を思いついたからです。

笑うと心も体も温まると昔聞いたことがあったのですが、はじめは本当に笑うだけで気分が高まるのかは疑問でした。

けれど,もしかしたら鬱の症状も和らぐかもしれない。

そんな期待を込めながら、笑う練習を始めました。

あなたは笑えていますか?


今でも笑う練習を始めた初日のことを,覚えています。

うつ病で自分を否定しがちだった気持ち。

それに加え、鏡を見ると、目が垂れ下がり、口元もへの字に曲がっていました。

自分がいかに苦しんでいるかがよくわかりました。

鏡の前に立ち,無理矢理にでも笑ってみる。

口角を上げ、目尻にシワを寄せながら、ニコッと笑ってみる。

さすがに初日は、素直に笑うことができず、どこか引きつった顔になっていました。

けれど5分、10分とそのまま笑う表情を作っていると、ある変化に気がつきました。

それは、顔周辺、特にほっぺの筋肉がほぐれていくのがわかり、ポカポカと温かくなってきたのです。

温まったこの感覚は、まさに昔笑ったときに感じたものと同じ。

僕はハッとしました。

大人になってから、いかに無表情で過ごす時間が増えていたのか。

ものすごく痛感しました。

全然笑っていなかったのです。

味気ない人生だったのです。

否、味気ない人生に自分がしていたのかもしれない。

笑う練習,初日。

いかに自分が笑っていなかったかを痛感しました。

同時に、笑うことで気分が上がり、なんだか日常生活も上向きになっていく気がしました。

もしかしたら練習を続ければ、毎日がハッピーになるんじゃないかと思いました。

僕が感じた笑顔の効果


表情筋がほぐれる

笑うことは、顔の筋肉を使うことでもあります。

筋肉は使えば温まり、ほぐれていきます。

逆に無表情、すなわち筋肉を使わないと、筋肉は冷え、凝り固まっていきます。

心が軽くなる

無理矢理笑っても、気分が上がるのがわかります。

詳しい原理はわかりませんが、笑うという行為が心にとってプラスに働くことは間違いないです。

無理矢理笑って効果を感じるのだから、心の底から笑ったときのプラスの効果は計り知れません。

周囲の環境がハッピーに見える

無愛想な人を見ると、みている方まで無愛想になります。

自分が笑えば、周囲にも笑顔を伝染します。

相手は自分の鏡だと思って、笑顔でコミュニケーションをとることを心がけていくと良いかと思います。

笑顔に加えて僕がやったこと


「良い笑顔だねぇ」、「絶対モテるよ」、「ちょーイケメン」、「金持ち顔」などの褒め言葉のシャワーを浴びせました。

ただ笑って黙っているよりも、自分がなりたい姿を言語化する。

誰かいるときに、「笑顔、いいねぇ」なんて鏡の前でつぶやいていると、引かれるかも。

さいわいにも僕は一人暮らし。

誰も気にすることなく、思いっきり自分とおしゃべりしています。

言葉がけをすることで、自分が肯定されるような気分になります。

本当にイケメンに見えてきたり、さわやかな笑顔だと思えるようになるのです。

実際にイケメンかは置いといて。

自己暗示をかけることで、理想の自分に近づいていくことができるのではないでしょうか。

笑顔は人を幸せにする薬


人とコミュニケーションをとっているときも常に笑顔で接する。

すると、相手も気持ちがほぐれ、笑顔になる。

僕の笑顔の薬を、相手に受け取ってほしいと思っています。

「こんにちは」に、笑顔を添えて。

小さなことにも感動しよう


自分が無表情だったことに、笑ったことで初めて気がつきました。

何かが自分に刺激を与えない限り、現実の姿に気づきにくいと思います。

大切なのは、周囲で起こるあらゆる物事に、めんどくさいと思わないこと。

「おもしろい」「なんだろう」と反応し、笑顔で受けてみること。

相手に興味を示せば、自分に興味を持ってくれるように、自分が笑顔になれば、相手もきっと笑顔になる。

さぁ、だまされたと思って笑ってみましょう。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告