「本気の育毛日記」継続中!

【レビュー】ソニーの「WF-1000Xワイヤレスイヤホン」おすすめです。

こんにちは。

潤沢LIFE管理人のhiroです。

 

初めてワイヤレスイヤホンを買ってみました。

ソニーのWF-1000X(シャンパンゴールド)という左右独立型のイヤホン。

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

 

以前までは,有線のイヤホンを使っていました。

けれど,線がからまったりなどの小さなストレスがありました。

そこで今回,「もっと快適に音楽を聴きたい」と思い,ワイヤレスイヤホンにしました。

 

(写真:完全ワイヤレスでスタイリッシュなデザイン)

 

結論からいうと,買ってよかったです。

線がないというだけで,これだけ快適になるのかと驚いています。

 

ウォーキングしたり,部屋の掃除をしたするときに,うっとうしかった有線。

線がなくなったことで,ストレスなく,快適に音楽を楽しみながら作業ができています。

大満足です。

 

開封と中身

(写真:購入した色はシャンパンゴールド)

 

色はシャンパンゴールドを選びました。

スタイリッシュでかっこいいですね。

 

(写真:上品な感じがします)

 

箱をあけてみると,イヤホン,バッテリーケース,イヤーピースが入っています。

 

(写真:箱の奥には,付属品)

 

さらに中を見てみると,説明書,USBケーブル,イヤーピース,フィッティングサポーターが入っていました。

 

(写真:箱の中身すべて)

 

コンセントにさすアダプタは付属していませんでした。

なので僕は,パソコンが近くにないときは,iPhoneの充電で使っているアダプタにUSBケーブルを取り付けてコンセントで充電しています。

 

(写真:パソコンで充電中)

 

さっそく,パソコンにUSBケーブルをつないで充電開始。

充電中は,赤いランプがつきます。

充電完了するとランプが消えます。

 

(写真:耳につけた様子)

 

持っている音楽機器とブルートゥース接続でペアリングし,音楽を聴いてみる。

すると,思ってた以上に音質が良かったことに驚きました。

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

 

以下は,使用感などのレビューです。

 

購入前の疑問と解消

僕が購入前にもっていた疑問と,使用後にその疑問がどう解消されたのかを書きます。

※あくまで僕の主観です。

疑問1 ワイヤレスは快適か?

快適すぎます。

線がないことがこんなにストレスフリーなのかと実感しています。

昔,線付きのイヤホンを使ってジョギングしていたら,腕を振ったときに線が引っかかってしまい,耳からイヤホンが抜けたりしたことがありました。

有線のうっとうしさがなくなったことで,小さなストレスが消えました。

 

疑問2 運動時に耳から落ちないか?

僕が試したのは,ウォーキングジョギング

ウォーキングは全く耳から落ちることはありませんでした。

しかし,ジョギングは,耳からはずれたわけではありませんでしたが,耳からゆるんで落ちてしまいそうな不安感がありました。

ジョギングで使いたいという人は,スポーツ用のワイヤレスイヤホンを考えたほうがよさそうです。

普通に使うぶんには全く問題なしです。

 

疑問3 音質はよいのか?

もちろん有線のイヤホンと比べると音質は劣ります。

しかしそこまで悪いという感じはしませんでした。

むしろ予想以上に音がクリアでした。

僕は音質にまったく不満はありません。

音切れは動いていないときは大丈夫ですが,電子レンジを使っているときや,ウォーキングのときに少し気になりました。

 

疑問4 デザイン性はどうか?

他のワイヤレスイヤホンはデカいものやユニークな形のものがあります。

しかしWF-1000Xはコンパクトで耳につけてもそんなに目立ちません。

小型でスタイリッシュなので,いろいろなファッションに合いそうです。

非常に軽量です。

 

疑問5 連続再生時間はどうか?

音楽の連続再生時間は3時間ほどとなっています。

ただ,充電ケースで2回分の充電が可能なので,電池切れはそこまで気にしていません。

 

疑問6 イヤーピースが耳に合うか?

「せっかく買ったのに,自分の耳に合わないのではないか」という不安が僕にもありました。

けれど,付属品にイヤーピースとフィッティングサポーターがあります。

特にイヤーピースは,SS,S,M,Lの4パターンがあるので,自分に合ったサイズが見つかると思います。

さらに,トリプルコンフォートイヤーピースという遮音性と装着性に優れたイヤーピースもS,M,Lの3パターンが付属しています。

つまり,合計で7パターンの中から自分の耳に合うサイズが選べます。

 

疑問7 操作はイヤホンでできるのか?

電源のオンとオフ,再生,一時停止,次の曲へ移行,前の曲へ戻る,という基本的な操作はできます。

操作は単純なので簡単に扱えます。

ただ,音量調節はイヤホンではできないため,音楽機器本体で音量は調節しなければなりません。

 

疑問8 値段に見合うものか?

2万円以上するこのイヤホン。

僕は値段に十分見合うと思います。

数あるワイヤレスイヤホンの中で,このWF-1000Xを選んだ最大の理由は,軽量小型でスタイリッシュなデザイン,ソニーブランド,完全ワイヤレスだからです。

贈り物にもいいなと思いました。

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

 

メリット・デメリットまとめ

メリット

  • ワイヤレスでウォーキングと家事がすごく快適になる。
  • ノイズキャンセリングで音の世界に浸れる。
  • 音質は思ってたより良かった。
  • 小型でスタイリッシュなのでどんなファッションにも合いそう。
  • 充電可能なケースを持ち歩くことで電池切れの心配がない。

 

デメリット

  • 音が途切れることがある(動作時)。
  • ジョギングは落ちるかもという不安感がある。
  • 音量調節はイヤホンではできない。
  • アダプタは別売り。

購入を考えている方へ

以上が僕のレビューになります。

あくまで主観なので他の方のレビューも参考にすると良いと思います。

僕は今回初めてワイヤレスイヤホンを買ってみましたが,結果,大満足でした。

 

線がないことがこれほど快適なのかと感動しました。

デザイン性もいいので,付けていても恥ずかしくありません。

 

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

 

今では,このイヤホンをつけながらウォーキングするのが楽しみになりました。

掃除や料理などの家事をするときも線を気にすることなく音楽を楽しめています。

ぜひ,あなたにもこの開放感を味わってみたはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です