【読書の効果】無知の知を自覚することの大切さ。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

読書をすると,

自分の知らなかったことが,

たくさん出てきます。

それを知識として,

自分の脳みそに吸収させるのが,

ある種,快感を覚えます。

新しい知識を吸収するたびに,

「自分は何も知らなかったんだなぁ」

ということを実感します。

これを「無知の知」と呼ぶらしい。

「無知の知」

自分が知らないということを知ること。

新しい知識を得たときに,

無知の怖さを感じます。

「知らないことすら,自覚せず」

こんな状態になってはいけないと,

僕は常に恐れています。

知らないからこそ,

知る努力ができる。

知っているのと知らないのとでは,

大違い。

まずは知ることで,

新しい扉が開かれる。

世の中には,

たくさんの情報があふれています。

そのなかで,

生きるうえで必要な知識を知る努力をする。

そうすれば,

混沌とした社会においても,

自分を見失わずに済む。

騙されずに済む。

知識という武装が,

世の中の流れを見極めるカギとなる。

今日の学び。

無知の知を自覚してこそ,知ろうという原動力が生まれる。

知っているのと知らないのとでは,大違い。

世の中をうまく渡っていくためには,知識が必須である。

自分が何を知らないかということを知るだけでも,世の中の見え方は変わってくるはず。

「哲カフェ学びの達人」hiro

書く,話す,聞く。

これらにも技術が必要です。

今回の「無知の知」は,

池上彰さんの『わかりやすく伝える技術』

に書かれていました。

伝えるプロの池上彰さんの知識量は,

読者にとって学びの宝庫。

知らないのではもったいない。

さぁ,今すぐ知ろう。

 わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)

シェアする

フォローする