【仕事のマインド】頼まれごとは試されごと。「伝説の新人」を読んでチャンスをつかもう。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

今回の物語は,

「上司の頼まれごとは,チャンスのかたまり」です。

ーーーーーーーー

残業の時間に,

上司から頼まれた。

「新製品のプロモーションを作りたいから,準備しといて」

唐突に言われたため,

僕は「あ,はい…」と答えるしかなかった。

なんで,自分の業務じゃないのに,

やらなきゃいけないんだ…。

そう思いながらも,

しぶしぶ引き受けた。

「やだなぁ…」

「めんどくさいなぁ…」

テンションだだ下がりの中,

残業にとりかかった。

しかしそんなとき,

ある言葉が僕の頭をよぎった。

「頼まれごとは,試されごと」

このことばは,

「伝説の新人」という本に書かれていたもの。

「頼まれごとは,試されごと」というスタンスで,目の前にある小さな頼まれごとに,本気で答えていくことを心に決めれば,チャンスはいたるところに落ちていると気づくはずです。

「伝説の新人」小宮謙一・著

僕はハッと我に返った。

「面倒だなぁ」って思っている暇はない。

スキルアップするために,

昇進するために,

昇給するために,

チャンスを生かさなければならない。

上司から頼まれたということは,

これはチャンスなのだ。

大きなチャンスなのだ。

ここで上司の期待を応えれば,

良い結末が自分を待っているはず。

逆に,手を抜いてしまったら,

せっかくのチャンスを逃すことになる。

だからこそ,めんどくさいと思っても,

全力で仕事することが大切だ。

上司からの頼まれごとって,

たいてい面倒なことだし。

どうせやるなら,

自分にプラスになるようにしよう。

そう思ったらなぜか,

力がわいてきた…気がする。

ーーーーーーーー

今日の学び。

上司から頼まれたら,即笑顔で「よろこんで!」と応えよう。

頼まれごとは,試されごとであり,チャンスである。

自分が今後,成長していきたいと思うのならば,自ら率先して雑用や面倒事をノリと勢いで引き受けよう。

「哲カフェ学びの達人」hiro

ビジネスマンとして,

初志を忘れてはいけない。

どんなときでも前のめりになって,

チャンスをつかんでいこう。

他人より1歩でも2歩でも先へ行くような,

できる人間は何を心がけているのか。

日々,成長するための心構えを,

この本は説いてくれました。

突き抜けたい人,必見の書。

伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い

シェアする

フォローする