【自分マネジメント】行動はアルミニウムの自己破断性のごとくあれ。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

僕は,仕事から帰ったら,

本を読もうと決めています。

でも,仕事終わりなので,

心身ともに疲弊した状態。

ですが,

本を読まなければならない。

自分で決めたことなので,

何が何でも実行したい。

けれど,

疲れている。

今日はやめとこうかな…。

いつものなまけグセが出てきてしまう。

成長したい自分にとって,

「葛藤」という分かれ道に立たされる気分。

しかしここで本を読むのをやめたら,

成長できない。

だから読む。

けれど疲れている…。

延々と続く葛藤に,

時間を奪われる。

悩んでいる時間が,

じつにもったいない。

だからこそ,

即行動できるようにならなければ。

でもどうやって,

すぐに行動できるようになるのか。

今はその答えは,

僕の中にありません。

その代わり,

ひとつの比喩を使って自分を促します。

その比喩とは,

「行動はアルミニウムの自己破断性のごとくあれ」

アルミニウムには,「自己破断性」という性質がある。

アルミ缶のタブをちょっと引っ張ると,あとは自然に破断していくというもの。

「ものづくりに生きる」小関智弘・著

アルミ缶の飲み物を飲むときに,

タブを引っ張ります。

「プシュッ」

という音とともにフタが開きますよね。

アルミ缶の飲み口を開けるという動作において,

一番力を入れるときはどこでしょうか?

そう,

「一番初めにタブを引っ張るとき」です。

一番初めに力を加えて,

あとは惰性で動かせば開くという仕組み。

行動もアルミ缶のタブを引っ張るのと,

同じではなかろうか。

行動もアルミ缶も,

「一番最初が一番負荷がかかる」。

しかしそこを乗り切れば,

あとは自然にコトは運ばれる。

なかなか行動に移せないのは,

最初の一歩の負荷が大きいから。

最初の負荷をどれだけ軽くできるかが,

行動をすぐにできるコツなのかもしれない。

ではどうすれば,

行動がすぐにできるようになるのか。

例えば,環境を変えてみること。

本を読みたいなら,

読む本をすでに机やソファの上に置いておく。

必ず手の届くところへ置いておくことにより,

自然に本を開くことができそうだ。

行動の最初の負荷をいかに減らすか。

これが,「行動力を高めるひとつのコツ」

かもしれませんね。

今日の学び。

なかなか行動を起こせない人は,アルミニウムの性質を頭に入れてみよう。

アルミニウムには自己破断性があり,アルミ缶のタブを最初に引っ張ると,あとは力をそんなに加えずとも開いていく性質である。

行動もアルミニウムの性質と一緒なのかもしれない。

つまり,行動を起こす一番初めに最も負荷がかかるが,一度動いてしまえば,あとは自然にコトは進んでいくものである。

行動力をつけるには,行動の最初の負荷をいかに軽減するかがコツではなかろうか。

「哲カフェ学びの達人」hiro

何事も,

知ることが大切。

アルミニウムの性質を,

大人になって初めて知りました。

そして知ったことにより,

化学反応が起き,

新たな示唆を得ることができました。

何事も「まず知ること」が大事。

ものづくりに生きる (岩波ジュニア新書)

職人学 (日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 ブルー こ 9-1)

シェアする

フォローする