【仕事のマインド】スティーブ・ジョブズに学ぶ,「やりたくない仕事」を「やりがいを感じる仕事」に変えるために必要なこと。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

やりたくない仕事の,

「やりたくない」理由を考えてみる。

(めんどくさいからやりたくないという理由以外で)

その仕事に不安があるから,

やりたくないのではなかろうか。

では,なぜ不安なのか,

それは,やれる自信がないから。

なぜ自信がないのか,

経験不足,練習不足だから。

失敗するのが目に見えてるから,

それを避けようとする。

だからやりたくないのではなかろうか。

しかし世の中,やりたくない仕事を,

やらなくてはならないときがある。

一抹の不安を取り除くには,

しっかりと準備をすることが大切。

技術系の仕事であれば,

たくさん練習して技術を身につける。

知識系の仕事であれば,

事前に関連の知識を勉強する。

準備をしっかり行えば,

本番は自信を持つまではいかなくとも,

不安に駆られることはなくなるはず。

iPhoneなどを発明したスティーブ・ジョブズは,

新製品発表のプレゼンがすばらしいと評判だった。

しかしその裏では,

ジョブズは綿密なリハーサルと練習に,

かなりの時間を費やしていたそうだ。

だからこそ,

本番での発表は堂々たるものであり,

観衆を引き込むことができた。

やはり,何事も入念な準備が必要である。

やりたくない仕事のやりたくない理由。

それがもし仕事に対する不安ならば,

その仕事に対する知識や技術を,

とことん練習すべきである。

そうすれば,不安でやりたくない仕事が,

「私にしかできない仕事」になるはず。

今日の学び。

やりたくない仕事というのは,仕事に対する「不安」が原因のひとつにある。

その不安は,「できない」から生じる。

できないがゆえの不安を解消するには,事前にしっかり「準備」や「練習」をすることが大切。

とことん準備して,何度も練習して,仕事の知識や技術を身につけることで,やりたくない仕事が,「やりがいを感じる仕事」になるのではなかろうか。

「哲カフェ学びの達人」hiro

スティーブ・ジョブズのプレゼンの仕方は,

非常に参考になります。

話し方や,間のとり方,

良いプレゼンのための準備や心構え,

すべてにおいて参考になります。

僕自身も,

ジョブズのプレゼンの真似をしただけで,

周囲から「プレゼン上手だね」とか,

「すごくわかりやすかったよ」という,

お褒めの言葉をもらうことができました。

この本で学べる内容は,

人前で話す方にとっては,

一生物になるのではなかろうか。

さぁ,良いプレゼンで,

周りのライバルに圧倒的な差をつけよう。

 スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

 図解 スティーブ・ジョブズのプレゼン術

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告