【自分マネジメント】自分を成長させるのは上司じゃない,非日常だ。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

会社で残業していた時,

上司に一枚の紙を渡されました。

その紙に書かれていたのは,

講演会の案内。

その講演会は,仕事が終わって,

夜7時から9時の間に開催されるようです。

上司「もしよかったら,参加してみない?残業代は出ないけどね」

そう言って紙をほぼ無理やり僕に渡したのです。

つまり,参加してみない?と言いながら,

ほぼ強制的に参加してくださいと言っているようなもの。

ここで僕は考えます。

(ここで断ったら,印象が悪くなる…)

(けど,めんどくさいなぁ…)

(いやいや,参加して上司の評価を挙げるべきか)

などなど,上司のご機嫌とりありきで,

講演会に参加するかどうかを決めていました。

そもそも講演会は,

能動的に参加しなければ,

意味がないかと思います。

嫌々行ったって,

何も吸収することができません。

僕自身の気持ちとしては,

(仕事で疲れているので,早く帰りたい)

(たぶん,寝ちゃうんじゃないかな)

そんなことを考えてしまいます。

本当は参加したくないけれど,

参加せざるを得ない。

頭に浮かぶのは上司の顔,

上司のために参加する講演会。

ばかげてますよね。

そこで僕は決断しました。

講演会に…,

参加することにしたのです。

ただし,決断を下した時,

僕はある暗示を自分にかけました。

その暗示とは,

「非日常を楽しもう」というもの。

普段,講演会なんて参加する機会は,

めったにありません。

僕にとっては,

非日常の時間となるわけです。

人が成長するにおいて,

非日常はとても良い起爆剤になります。

今までの慣れ親しんだ日々に,

非日常という刺激を加えることで,

自分の成長をうながせる,

そう思いました。

「すべては自分を成長させるため」

けして上司のご機嫌取りのためではない。

そう自分に言い聞かせました。

非日常を楽しむとは,具体的には,

「講演会に来ている人はどういった人がいるのか興味を持とう」

「質問タイムは必ず1番に手を挙げる使命を課す」

「講演会で聞いた内容をブログに書こう」

などなど。

とにかく「自分を成長させるために」

という基準を設けて,物事を考えました。

学びの達人たるもの,

どんな状況でも学べるはずだ。

だから講演会でも,

水を吸い込むスポンジのように,

なんでも吸収してやろう。

と半ばヤケクソに思いました。

けれど,

この自己暗示が効果テキメン。

あれほど嫌だなぁと思っていたのに,

今では,「行って学んでやろう」

という気がみなぎっています。

本当に,

思考の力はすさまじいですね。

プラス思考にむりやりなれば,

ポジティブな行動になる。

逆に,マイナス思考であれば,

行動は沈んだものとなってしまう。

やはり「思えば,その通りになる」ですね。

今日の学び。

イヤでイヤでしかたのないことでも,無理やりプラス思考になれば,気持ちがプラス思考に追いついていく。

自分を成長させるためには,非日常は必要不可欠であり,非日常の時間や空間楽しむことで,明日の自分に変化を起こすことがでいる。

すべては自分を成長させるためで,けして他人のご機嫌をうかがう必要はない。

どんな状況でも,思考ひとつでプラスにもマイナスにもなるものだ。

「哲カフェ学びの達人」hiro

他人のためではなく,

すべては自分のためにある。

そう気づいたとき,

人は幸せを感じられるのではなかろうか。

自分の存在価値は,

自分のために生きることから生まれる。

誉田哲也さんの「幸せの条件」を読んで,

自分の生きる意味,

幸せになるためにすべきことを学びました。

この小説,僕の座右の書です。

幸せの条件 (中公文庫)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告