【目標の立て方】目標に現実味をもたせる1つの方法がある。

どうもこんにちは。

「哲カフェ。学びの達人」のhiroです。

さて,自分に問うてみる。

今の自分は,学びの「達人」か?

答えは,否。

達人どころかひよっこレベル。

なのになぜ,最初のあいさつは,

『「哲カフェ学びの達人」のhiroです。』

と言っているのか。

まだ達人じゃないのに,

達人というと,詐欺みたいですね。

けれどこれには理由がある。

それは,「達人のようにふるまうため」

目標を掲げるときに,

「自分が何者になりたいのか」

を問うことが大切だお話しました。

【目標の立て方】人生の目標に年収1000万円と掲げるよりも大切なたった1つのこと。

「何者になりたいのか」がわかったら,

次にすることがあります。

それは,

「なりきること」です。

例えば僕の場合,

「学びの達人」になることを,

目標としています。

その際,

学びの達人に「なりたい」

とは思わないようにします。

すでに「なっている」と思いながら,

日々過ごすようにしています。

なぜ,「達人になりたい」ではなく,

「すでに達人である」と思うのか。

それは,日々の生活に,

臨場感を持たせるため。

「自分は達人」と思いながら生活すると,

そのようにふるまおうと脳と体が反応します。

無意識に,達人になるための行動を取捨選択し,

実際に体が動いていく。

しかし,自分は達人だとふるまっても,

現実の自分は,まだひよっこレベル。

達人の行動をとろうとしても,

ひよっこだから体がついていかない。

そして,達人には程遠いんだと,

肩を落とし,落胆する。

でも,これでいいんです。

理想と現実のギャップを感じていい。

むしろギャップを感じることで,

どうしたら達人になれるかを,

必死になって考えることができます。

まるで,

理想と現実の綱引きのようなもの。

達人とひよっこのはざまで,

引っ張られる自分。

現実に打ちのめされても,

現実のほうが居心地が良くても,

「自分は達人だ」と思いこむ。

それを続けていくうちに,

居心地が良かった現実が,

逆に違和感だらけになり,

物足りないものになっていく。

そう感じたらしめたもの。

あとは達人のふるまいを,

とことん追求していけば,

いつかは本当に達人になれる。

だから僕は,今現在そうでなくても,

「学びの達人」になりきっているのです。

「○○したい」という欲求は大事。

ですが,目標を達成するためには,

「臨場感,リアリティ」が必要だと思います。

毎日,四六時中,

目標について考え続けることが,

目標を達成する最短ルートだと思います。

だからこそ,常に目標のことを考え続けるために,

「なりきる」ことをおすすめします。

今日の学びのタネ。

目標に臨場感を持たせるためには,なりたい姿に「なりきる」ことがよい。

「なりきる」ことで,脳と体が勝手にそちら側(なりたい姿)に合わせようとする。

最初は理想の姿に全然なりきれないかもしれないが,根気よく続けると,今の自分に不満を感じ,居心地が悪くなる。

理想と現実の綱引きで,常に理想に引っ張られている状態とは,常に目標のことを考えて行動している状態のことである。

常に目標のことを考えて行動することが,目標達成の最短ルートではなかろうか。

「哲カフェ。学びの達人」hiro

「伝説のコーチ」と呼ばれるルー・タイス

僕はこの人の著書で,

目標達成のノウハウを学びました。

本に書いてある内容を実践すると,

間違いなく日常が変わります。

・目標を掲げたい。

・目標はどうやって立てるの?

・立てたはいいが,実践の仕方がわからん。

そんな人におすすめです。

もっと早く出会いたかった本。

始めるなら,早いほうがやっぱりいい。

アファメーション(フォレスト出版)

「言葉」があなたの人生を決める(フォレスト出版)

シェアする

フォローする