【読書】次の展開が気になって一気に読んでしまった「ケモノの城」

「ケモノの城」 誉田哲也・著 (双葉文庫)

衝撃のミステリーとはこのことか。

読み進めるうちに,登場人物とともに泥沼にはまっていく。

次の展開が気になり,一気に読んでしまった小説だ。

残酷な表現もあり,心がえぐられることもあった。

けれど,人間の奥底にある闇を,垣間見ることができた。

いわゆる,監禁殺人事件。

猟奇的ともいえる所業で,次々と被害者が死んでゆく。

しかし,最後の最後まで,犯人はわからない。

ラストは衝撃的。

ミステリー小説にふさわしい結末だと思った。

ネタバレになるので言えないが,こちらの思惑以上の展開になる。

作中にもあったが,監禁されている被害者は,マンションから脱出できるチャンスはたくさんあった。

けれど被害者は誰も,逃げ出すことができなかった。

否,逃げ出すことを「しなかった」といったほうが正しいかもしれない。

「学習性無力感」というらしい。

学習性無力感とは,何をやっても無駄だと思ってしまい,何も努力しなくなってしまうことらしい。

つまり被害者は,犯人に傷を負わされているうちに,逃げる気力がわかなくなってしまったのだ。

そして「この人には逆らえない」と本能的に思ってしまい,ずっと犯人の言いなりになってしまう。

現実でも似たようなことはないだろうか。

例えば学校。

ガキ大将という存在。

逆らえず,ご機嫌をとる人もいる。

そしてガキ大将が右といえば,みんな右を向かざるを得ない。

怖い先生もそうだ。

暴力を振るわれるわけでもないのに,この先生には逆らえない。

存在自体にストレスを感じてしまい,委縮してしまう。

僕が通った学校にも,胃が痛くなるほどの怖い先生がいた。

これらの例は,学習性無力感とはやや違うかもしれない。

けれど,犯人の圧倒的な支配力によって,弱者はあやつられる。

僕がこの小説で感じたことは,支配者が指揮棒を振れば,支配されている弱者は,無意識にも従ってしまう怖さがあるということ。

犯人は言葉巧みに被害者をあやつり,被害者にも猟奇的所業をさせていた。

被害者の意思など関係なしに,物事が淡々と進んでいくことに恐怖を感じた。

いろいろと考えさせられる部分も多いこの小説。

ミステリー小説のハラハラ,ドキドキ感だけでなく。

人間の奥底に眠る,得体のしれない”何か”を感じることができる。

読後,次の日になっても放心状態が続くほど,衝撃的な作品。

ぜひ,あなたも心をえぐられてみてはいかがだろうか。

(※非常にグロテスクな内容なので,苦手な人には絶対おすすめしません)

「ケモノの城」 誉田哲也・著 (双葉文庫)

シェアする

フォローする