「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

【ネタバレ感想】ジウⅢ (誉田哲也:作)の事件が現実で起こったらヤバいだろうね…

こんにちは、hiroです。

今回は、誉田哲也さんの小説「ジウⅢ」を読んだ感想です。

 

新装版-ジウIII-新世界秩序 (中公文庫 ほ 17-16)
 

 

3部作の3作目。

読めば読むほど先の展開が気になっていくという、まさに泥沼にはまっていく感覚で本作を読んでいきました。

最初から最後までソワソワしっぱなしでした。

 

「ジウⅢ」の簡単なあらすじ

歌舞伎町で事件が発生。

とにかく規模がでかすぎる。

事件に振り回される警視庁。

歌舞伎町に暗躍する「NWO」という組織。

そして、最強の女「伊崎基子」。

すべてのピースが出そろい、そして埋まるとき。

ほんと、この事件どうなっちゃうの…?

心を揺さぶる要素がいっぱい

シリアス、スリル、サスペンス、アクション。

心をこれでもかと刺激してくれる今作は、まさに傑作です。

3部作の完結編ということもあり、規模が本当にでかい。

 

事件の全容解明も興味深かったですが、一番興味がわいたのが「ジウと伊崎基子」の決着。

2作目で初めて対峙し、その時はジウに軍配があがっていましたが、今作ではどうなるのかがハラハラしました。

完結…していない

「ジウ」は3部作ですが、物語の展開としてまだ終わりではないようです。

黒幕のミヤジという男が死に際に放ったことば。

「どうやらお別れの時が来たようです。ただ、これだけは、言っておきますよ。ミヤジタダオは決してこの私一人ではないのだということを」

つまり、今回の事件を解決しても、必ずまた事件は起こることを示唆しています。

実際、ジウシリーズは3部作ですが、「歌舞伎町セブン」などもジウシリーズに組み込まれています。

ということは、まだまだこの世界観を味わうことができるということですね。

早速、次回作も読んでみようと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

新装版-ジウIII-新世界秩序 (中公文庫 ほ 17-16)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です