「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

夢はバカじゃない、バカなのは君の考えだ。映画「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」を観て。

こんにちは、hiroです。

アマゾンプライムビデオで観た、映画「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」の感想を書きます。

 

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(字幕版)

 

ちょっと刺激的な表現がありますが、思わず吹いてしまうようなコメディ映画でした。

※ネタバレあり。

 

「タッカーとデイル」あらすじ

タッカーとデイルという2人の男。

購入した念願の別荘へ、バカンスにやってきた。

 

夜に湖で釣りをしていると、複数の大学生の男女が、水辺で遊んでいることに気づく。

それを眺める2人の男。

 

ふと目に入ったのは、一人の美女だった。

二人が見とれていると、その美女は、なんと目の前でおぼれてしまう。

 

二人はすぐに美女を助け出し、自分たちの別荘で意識を失った女性を手当をする。

 

他の大学生は、「二人の男に美女をさらわれた!」と思い、決死の救出作戦を試みるが・・・。

夢はバカじゃない!

美女を救い出し、解放する太っちょのデイル。

最初こそ、美女に怖がられていましたが、手当をしていくうちに、仲良くなっていきます。

 

そんなとき、ふと「将来の夢」の話になりました。

 

「卒業後は、どんな仕事をしようと?」

デイルは大学生の美女に聞きました。

 

「わからないわ・・・バカな夢ならあるけど・・・」

美女は答えました。

 

その言葉を聞いたデイルは、即座にこう切り返します。

「夢は、バカじゃない!」

 

僕はこの言葉を聞いたとき、ハッとしました。

  • 自分には、夢がある。
  • けれどその夢は、叶えられるかどうかわからない。
  • きっと自分には、夢を叶えることはムリだ。

 

僕は、美女と同じ気持ちを抱いていました。

 

けれど、夢には何の罪もないですよね。

夢をバカにしているのは、自分自身だと言うことを痛感しました。

 

  • 夢に正面から向き合う。
  • そして、全力で夢を追い求める。

そうすることで、夢をつかむチャンスが得られるわけです。

それなのに、最初からお手上げ状態と思ってしまいます。

 

僕は常日ごろ、「このままの生活で良いのか・・・」、「自分を変えたい・・・」と思っています。

ですが、そのための行動を何一つ起こしていません。

 

これでは、変われるはずがない。

 

じゃぁ、どうすべきか。

 

はじめは、夢または目標を、鮮明に描く事が大切です。

そのために、紙にメモします。

それを毎日見返します。

 

そして、鮮明になった目標を叶えるために、自分が今何をすべきかを考えます。

 

そして、実行に移します。

 

ポイントは、考えてから動き始めるのではなく、考えながら動くこと。

行動を起こすうえで最大に労力を使うタイミングは、最初の1歩です。

その1歩さえ踏み出してしまえば、あとは雪だるま式に、転がっていき、成果が大きくなっていきます。

 

そして、行動した結果を確認してみます。

 

結果が出ていれば、次の行動を起こします。

結果が出なかったら、なぜ出なかったのかを考え、修正した行動を即行います。

 

常にスピーディに、ノリと勢いで行動することで、小さな成功が生まれ、それが積み重なります。

そして最終的に、大きな自信が生まれ、行動を起こす前の自分とは別人の自分になれるはず。

 

この過程は、年収〇千万のビジネスマンの受け売りです。

ある程度成功した人間が、実践していることなので、試してみる価値があります。

「へぇ~そうなんだ」で終わることなく、行動を伴うことが大事。

早速、自分の夢を紙に書き、自分のすべき行動に、即取り組んでいきたいと思います。

不運とはこのことか

タッカーとデイルは美女の手当てをした後、大学生に命を狙われてしまいます。

しかし、幸か不幸か、襲ってきた大学生が次々と自ら(命)を絶ってしまう。

 

大学生は、死のうと思って死んだのではありません。

「不慮の事故」です。

別荘の周りには、自然豊かな木々が生いしげっています。

中には、とんがった木の枝が突出しているところもあります。

そんな自然の脅威が、大学生の命を奪ったのです。

 

タッカーとデイルが、大学生が襲ってきていると気づいたのは、数人の大学生が不慮の事故に遭って、しばらくたった後でした。

よくここまで気づかなかったよなと思うくらい、うまく事を無自覚で逃れていたのです。

しかし、最終的には、大学生たちに気づき、自分の命が狙われていることを知ります。

 

そこから、タッカーとデイルの、自分たちが望まない不幸な出来事が次々と舞い降りてきます。

観ていて、同情するほど、かわいそうでした。

けれど、どこか笑ってしまう物語でした。

おもしろおかしい作品をぜひどうぞ

観るたびにクスッと笑えます。

その笑いの中に、同情も入るほどの、ツイてなさ過ぎる二人。

タッカーとデイルを見ていると、自分の悩みや不安がちっぽけに感じるようになりました。

 

まだこの映画を観ていないあなた。

ぜひ一度、ヒマなときにでもご覧ください。

「世の中にはこんなにツイてないやつらがいるんだ」と、ひとかけらの自信をもらえるかもしれませんよ。

 

さぁ、あなたも「ツイてない世界」を堪能しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

アマゾンプライムビデオはこちら。

 

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です