「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

リアップで液だれをしたときの僕の対処法は有効であった

  • リアップで液だれしたとき、どうしたらいい?

今回は、この質問にお答えします。

僕は、リアップのみで「発毛・育毛」に挑戦して1年たちます。

その経験を踏まえて、液だれの対処方法をシェアします。

 

リアップで液だれしたときの対処法

指ですくって、頭皮につける。

これが結論です。

液だれしたからといって、タオルでふき取るのはもったいない。

指ですくって、再度頭皮に塗ることで、少しでも効果にあやかろうというわけです。

実際、僕も毎回液だれします。

僕の場合、おでこの生え際につけるのが原因です。

液だれするたびに指ですくって、まだ付けていない箇所にトントンと付け直してあげます。

リアップで液だれが起きやすいとき

  • おでこの生え際につけているとき
  • 頭皮が水分皮脂でおおわれているとき
  • 同じ場所につけすぎているとき

おでこの生え際につけているとき

リアップをおでこの生え際につけると、かなりの確率で液だれします。

理由は、おでこの傾斜が急だから。

それと、液を受け止めてくれる髪の毛が少ないからです。

土砂崩れみたいな感じですね。

傾斜が急なことにより、勢いよく液だれします。

それを引き止める毛根の力も弱い。

そのため、おでこの生え際は、液だれしやすいのです。

 

頭皮が水分や皮脂でおおわれているとき

リアップを付けるとき、頭皮に水分や皮脂が残っていると、毛穴にうまく液体成分が浸透しません。

コーティングされた頭皮では、いくら液体を付けても流れ落ちてしまうのです。

 

同じ場所につけすぎているとき

リアップは基本、数センチ間隔でトントンと付けていきます。

同じ毛穴に何度もリアップをトントンしても、余剰な液は垂れてしまいます。

発毛してほしいところにリアップを塗ることはいいことです。

ただし、同じ場所ではなく、その周辺に広がるように付けていくと良いでしょう。

液だれをすくった指は、しっかり洗う

 

リアップの成分は、刺激があるものです。

なので、液だれをすくった指で、目をこすったりするのはよくありません。

しっかり指を水で洗い流してください。

できれば、お湯や、石鹸を使って洗うと良いでしょう。

 

この記事があなたの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

「本気の育毛日記」はこちら!

 

【第1類医薬品】リアップX5プラスネオ(通販限定パッケージ) 60mL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です