「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

ベンチプレスで腰ベルトをつけない3つのデメリット。なぜ必要か?

ベンチプレスで腰ベルトは必要

今回は、この質問にお答えします。

 

この記事を読むと。

サポーターとしての腰ベルトの役割メカニズムがわかる。

実際に腰ベルトをつけたときの、「体感」の具体例がわかる。

 

僕は1年2か月でベンチプレスのMAX重量が75㎏から120㎏に上がりました。

常に腰ベルトを着けていましたが、やはり着けたほうがいいと再認識しました。

 

※この記事の最後に「僕がたった1年2か月で120㎏まで上げたオリジナルトレーニング」を無料で公開しています。

有料級なので、見る価値ありですよ。

 

ベンチプレスでベルトはいらないなんて嘘

ゴールドジム(GOLD’S GYM) ブラックレザーベルトG3367 XS

 

腰ベルトを着けない3つのデメリット

  • 腰痛になる
  • バランスが不安定になる
  • 全身の力を有効に使えない

 

腰痛になる

腰ベルトの役割は、腰を固定すること。

肩甲骨を寄せてブリッジを組むと、腰が反ります。

この状態で高重量を扱うと、腰のかなりの負担がかかります。

 

バランスが不安定になる

ベンチプレスの動作中、全身のバランスが崩れないように注意します。

けれど、体幹の筋肉でうまくバランスが取れないと、無理なフォームでバーを持ち挙げることもあります。

いくら足で踏ん張っても、その足の踏ん張りをサポートする腰がブレブレだと、バランスを取ろうにもとれません。

 

全身の力を有効に使えない

ベンチプレスは、全身運動です。

足の踏ん張りで得た力を、体幹を通して上半身に伝えます。

腰部が安定しないと、上半身の力に頼らざるを得ません。

そして、上半身だけの力では、高重量を扱うのが難しくなります。

腰ベルトは、下半身の力を上半身に伝えるための頑丈な橋の役割を担います。

橋が頑丈なら安心して渡れますよね。

逆に、橋が今にも崩れそうだと、渡りたくありません。

腰ベルトは、崩れそうな橋を強固に変えてくれるサポーターの役割があるのです。

 

あわせて読みたい!

ベンチプレスで背中が痛くなる前に。腰痛を予防する3つの対策方法

 

腰ベルトのメカニズム

EasyJoy レザー ウエイト リフティングベルト 【筋トレ トレーニング 腰 ウエスト バーベル】 (ブラック, S(70~95cm))

 

腰ベルトのメカニズム

  • ベルトをつけると、腰部の皮膚にが加わる。
  • すると、感覚を受け取る器官である固有受容器が刺激される。
  • それが、筋肉にハリを持たせることになり、腰部を保護する。
  • さらに、腹部からの圧力(腹圧)で、腰椎を保護する。

ベルトのおかげで前後左右に圧力をかけることができます。

これが腰への負担を軽減してくれるのです。

僕がベンチプレスでベルトを着けて体感した出来事

【日本正規品】 ハービンジャー(Harbinger) メンズ トレーニングベルト フォームコアベルト 背中幅5インチ(12.7cm) Mサイズ ウエスト周り73.7-84cm 23320

 

(上のベルトは、僕が実際に使っていたものです。120㎏を挙げてもびくともせず、マジックテープ式だから着脱が簡単でおすすめです)

 

腰ベルトを着けないと腰に負担がかかる

トレーニング初期は、ベルトを着けていなくても、なんとかメニューをこなしていました。

けれど、高重量になってくると、腰だけにかなり負担がかかることを感じました。

腰だけに、です。

上半身や下半身には、負担を感じませんでした。

ということは、大胸筋や足の筋肉の力に腰がついていけていないと思います。

ベルトを着けると、全く腰に対する不安がなくなりました。

サポーターをつけるだけで、こんなに違うんだと驚くほど、腰が固定されたのです。

 

一度つけてしまったら、もうベルトなしでトレーニングできません。

外してトレーニングすると、腰がブレブレということが明確にわかります。

腰のアンバランスを防ぎ、ケガを予防するには、サポーターは絶対必要です。

 

あわせて読みたい!

腰痛予防のための腹筋運動は、この種目をおすすめします。

 

疲労してくると腰に負担がかかる

僕のトレーニングは、ボリュームが多いです。

したがって、トレーニング後半になるころには、かなり疲労がたまっている状態です。

 

そんなとき、腰ベルトを外して、最終セットをこなしてみました。

すると、レップ数を重ねるうちに、腰がだんだんツーンと痛くなってきたのです。

 

おそらく、大胸筋や下半身の疲労により、腰回りの筋肉を総動員してバーを持ち挙げようとしたからだと思います。

腰に余計な力が入ってしまうことで、負担が大きくなり、疲労がたまっている感じ。

これはまずいと思い、トレーニングを中断し、腰ベルトを着けてトレーニング再開しました。

すると、動作中のバランスがうまくとれるようになり、腰のツーンとした痛みも起きなくなりました。

専門ショップで買うならファイティングロード一択

 

やはり、傷害予防のための腰ベルト着用は、サポーターとして絶大な効果を発揮します。

腰ベルトなしではトレーニングできないと言っても過言ではありません。

ベンチプレスのトレーニングを支える絶対必要なグッズです。

 

トレーニングベルトは専門ショップで買うのが一番です。

自分の腰を守ってくれるアイテムだからこそ、信頼できる店で買いたいですよね。

おすすめは、ファイティングロードです。



ファイティングロード

ほとんどのトレーニーが知っているブランドなので安心です。

豊富な品揃えなので、一度チェックして損はありませんよ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ゴールドジム(GOLD’S GYM) プロレザーベルト G3324 M:75-85cm目安

 

完全無料公開!見なきゃ損です。

【有料級】たった1年2ヵ月でベンチプレスのMAXが75kgから120kgになったオリジナルトレーニングを無料で紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です