【文章力】書くことがないときは,「書くことがないです」で良い。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

今日は書くことがありません。

書きたいことも特にありません。

この記事を書くまで,かれこれ30分,

何を書こうかずっと考えていました。

もったいないですよね。

30分あれば1記事書けるのに…。

書きたいことが思いつかなかったので,

とりあえず,筆を進めることにしました。

そうするとあら不思議。

ふつうに文章が書けるという謎の現象。

もちろん,内容は大したことないですが,

それでも筆が進んでいるのは事実。

これでいいのだ。

これでいいのだ。

そう自分に言い聞かせています。

できれば毎日記事を更新したいので,

ネタが思いつかないこともあります。

そうしたときは,

筆を進めてみようと思います。

何か適当に書いていれば,

ふとした瞬間にネタが飛び込んできます。

例えばこの記事だって,

何を書くか30分悩んだって書いたときに,

「そういえば,僕は1000文字を15分以内で書く練習してたよな…」

「練習したら1000文字は10分で書けるようになったっけ…」

みたいなネタを思い浮かびました。

ここから1記事のネタができそうです。

「僕がたった10分で1000文字書けるようになった理由」

という題名で記事を書くことができそう。

今日は書きませんけど(笑)

ちなみに,

自分の想いや考えをつらつら書くだけなら,

10分で1000文字はイケますよ。

そこから文章を校正すると時間がかかりますが,

ただ書くだけなら,誰でも早くできるはず。

またそれは後日,

記事に書きたいと思います。

今回の記事は,

書くことが思いつかない時の対処法として。

「とりあえず,筆を進める」

ことをおすすめする記事とします。

今日の学び。

書くことが思いつかなければ,とにかく筆を進めよう。

そうすれば,書いている途中でネタがひょっこり浮かんでくる時もある。

その浮かんだネタを記事にすればよい。

さらに,浮かぶネタは一つとはかぎらない。

2つ,3つと浮かぶ時もあるので,浮かんだら備忘録をとること。

ヒトはすぐに忘れる生き物だから,思い立ったら即メモを取る習慣をつけるとよい。

「哲カフェ学びの達人」hiro

文章を早く書けるようになるには,

文章を書く方法だけでなく,心構えも必要です。

心構えを知り,方法を実践することで,

確実に早く文章が書けるようになります。

10倍速く書ける 超スピード文章術

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

文章のみがき方 (岩波新書)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告