「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

ジョギングで足の筋肉(特に太もも)は太くなるのは誤報です。

こんにちは、hiroです。

ジョギングすると、足が太くなるんじゃないか…。

そんな悩みを持つ、あなたの疑問を解消します。

 

この記事を読むと。

ジョギングが足の筋肉におよぼす影響がわかります。

 

結論からいうと。

ジョギングで足の筋肉、特に「太ももの筋肉」が太くなる可能性は低い。

一方、「ふくらはぎ」は太くなる可能性がある。

 

僕が大学院で、運動生理学を学んでいた時に得た知識です。

その根拠を示す、重要な手がかりも紹介します。

 

ジョギングで足が太くなる可能性は低い

 

僕が学会に参加した時に得た情報です。

若年ランナー8名に対して、息が弾むくらいの速さで45分間走ってもらった。

その結果、「運動して4時間後」は、筋肉を大きくするのを抑制する遺伝子「ミオスタチン」の働きが低下した。

しかし、「運動して24時間後」では、太ももの筋肉は運動前に比べて、ミオスタチンの働きが向上していた。

 

小難しいですね。

ミオスタチンという遺伝子は、筋肉が大きくなるのを抑えることができます。

それをふまえて、簡単に言うと。

  • ジョギングして4時間までは、足の筋肉は太くなりやすい体内環境になる。
  • しかし、24時間後には、太ももの筋肉だけが太くなりにくくなる環境になる。

 

なぜかランニングをすると、「太ももの筋肉は太くなりにくくなる」という研究結果だったそうです。

一方、ふくらはぎの筋肉は、ランニングをすると太くなる可能性があります。

ジョギングで足が太くなるのを否定できる理由

 

マラソンのシドニーオリンピック金メダリスト、高橋尚子さん。

同じくアテネオリンピック金メダリスト、野口みずきさん。

お二人の足を見てもらえれば、すべて納得です。

 

詳しくは、ネットで画像を検索してみてください。

ゴールシーンの足の筋肉の写真を見ることができます。

 

写真を見ると、以下のことがわかります。

高橋尚子さんと野口みずきさんともに、ふくらはぎの筋肉は太い。

太ももの筋肉は、高橋尚子さんは細く、野口みずきさんは太い。

 

さきほど、ランニングをすると、「太ももの筋肉が大きくなりにくい」とお話ししました。

高橋尚子さんは、その通りの結果になります。

けれど、野口みずきさんは、太く見えます。

 

これには理由があります。

野口みずきさんは、ウエイトトレーニングを積極的に行って、太ももの筋肉をつけていました。

なので、過酷なマラソンを走っても、太ももの筋肉が小さくならなかったのです。

 

つまり、マラソンでは、筋トレをしなければ、太ももの筋肉は太くはならず、ふくらはぎの筋肉は太くなる可能性があるということです。

ジョギングで足が太くなる心配はしなくていい

 

長距離を走るアスリートでさえ、太ももの筋肉は細いです。

なので、「一般的なジョギングでは、足は太くならない」と考えてもいいでしょう。

ふくらはぎも、相当走りこまなければ、「太い!」と落胆するほどにはならないでしょう。

 

それでも足が太くなってしまったと感じている方は、他の要因を考えてみてください。

例えば、運動して疲れると、筋肉に疲労物質や代謝産物が溜まります。

つまり、むくんだ状態になるのです。

もしかしたら、ストレッチやマッサージをすることで、足のむくみがとれ、太ももが太いと感じることがなくなるかもしれませんね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ランニングアームバンド スポーツ スマホ アームバンド HIHICCUP 【指紋識別 OK!】タッチOK 防汗 軽量 ス鍵入り カード収納 調節可能 iPhoneX、iPhone6/7/8plus、Samsung、 Androidなど 6インチまでのスマホに対応 生涯保証付き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です