「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

タマゴ理論って知ってる?食事で惣菜を出すのが後ろめたい人必見です

こんにちは、hiroです。

「不合理だからうまくいく」(著者:ダン・アリエリー)という本を読みました。

 

不合理だからすべてがうまくいく―行動経済学で「人を動かす」

 

今回は、本に載っていた「タマゴ理論」というおもしろい考え方についてシェアします。

 

タマゴ理論とは

以下、本の引用です。

ミックス粉から材料の一部を取り除いて、女性自身の手でそれを加えてもらえばいいじゃないか。

これが、のちに「タマゴ理論」と呼ばれるようになった考えだ。

「不合理だからうまくいく」著者:ダン・アリエリー

 

 

「誕生日にケーキを買うとき、市販のミックス粉を使うと手抜きに思われてしまう」

「店に売っているケーキを買ってそのまま出すならなおさらだ」

 

そんな女性たちに、心理学者でマーケティングの専門家の「アーネスト・ディヒター」が名案を思いたのです。

ミックス粉は、ケーキを作るのに使われますが、あえてミックス粉の材料の一部を取り除きます。

そして、卵や牛乳、食用油を女性自身の手で加えてもらうようにします。

そうすることで、「市販のものを出すだけ」という後ろめたさを感じずに済む、というものだそうです。

僕がタマゴ理論を利用すると…

僕は、おもしろい考え方だなと思いました。

例えば、僕はよくインスタント味噌汁を食べます。

けれど、みそ汁は塩分が高いし、栄養分が傾いています。

なので、いつも食べるときは、「こんなの食べていいのだろうか…」と思っていました。

 

けれど、みそ汁の中に、自分で用意した半熟卵を入れたり、ワカメを入れることで、少しでも栄養が取れるようにしました。

先ほどのタマゴ理論とは、若干方向性が違うかもしれません。

けれど、一人暮らしの僕は、手抜き料理の罪悪感は常に感じています。

「栄養のある食べ物を食べたいけど、めんどくさい」

「だから今日は、市販の惣菜や、カップ麺で済まそう」

 

そんな誘惑にいつも負けてしまい、食事に関して、後ろめたさを常に感じていました。

何とか罪悪感をまぎらわせようと、先ほどの味噌汁のように、ひと手間加えることで、自分を納得させていたのです。

独身の僕にとって、料理の手間は極力省きたい。

けれど、あまりに省きすぎると、後ろめたくなる。

そんな状況を脱するには、「タマゴ理論」を用いるしかない。

市販の食べ物でも、カップ麺でもいいから、「何かひと手間加えたり、1品加えてみる」というようなことをする。

そうすれば、きっと罪悪感は薄くなるだろうと思います。

 

でも実際、カップ麺にしろ、惣菜にしろ、一品加える食材は、結局市販のものになっているんですけどね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

不合理だからすべてがうまくいく―行動経済学で「人を動かす」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です