「本気の育毛日記」継続中!(2019/7/12更新)

体重は普通なのに、あの子がぽっちゃり系女子に見える理由【ダイエット】

こんにちは、hiroです。

今回は、僕がフィットネスクラブのトレーナーをしていた時のお話。

「体重は少ないのに、あの子がぽっちゃり見える理由」をシェアします。

 

とある一般女性の身体組成

下記は、とある女性の身体組成です。

 

  • 年齢:24歳
  • 身長:162㎝
  • 体重:51.7㎏
  • 体脂肪率:26.4%
  • 除脂肪量:38kg
  • BMI:19.7

 

身長が162㎝であれば、体重51.7㎏は、一般的な数値です。

なのに、この女性の見てくれは、ぽっちゃりでした。

それはなぜか。

体脂肪率が高いから

  • 年齢:24歳
  • 身長:162㎝
  • 体重:51.7㎏
  • 体脂肪率:26.4%
  • 除脂肪量:38kg
  • BMI:19.7

 

体重51.7㎏のわりに、体脂肪率が26.4%で高いのがわかります。

なぜ、体脂肪率が高いのか。

それは、除脂肪量が低いからです。

 

除脂肪量とは、骨と脂肪以外の体の中身のこと。

つまり、内臓や筋肉です。

 

ただし、除脂肪量は、筋肉量の割合が高い。

なので、除脂肪量を見るときは、筋肉量と置き換えても良いです。

 

この女性は、除脂肪量が低いうえ、体脂肪率が高い。

けれど、体重は一般的な数値。

 

つまり、この女性がぽっちゃりに見えるのは、体重のわりに体脂肪量が多く、筋肉量が少ないからです。

BMIのワナ

  • 年齢:24歳
  • 身長:162㎝
  • 体重:51.7㎏
  • 体脂肪率:26.4%
  • 除脂肪量:38kg
  • BMI:19.7

 

BMIとは、身長と体重で計算された肥満度を表す指標のこと。

※BMI=Body Mass Indexの略称

BMIの肥満度は下記に分類されます。

 

  • やせ:<18.5
  • 普通体重≦18.5~25
  • 肥満≦25~

 

この女性の場合、BMIが19.7で普通体重と分類されています。

確かに、体重とBMIを数値だけ見れば、正常です。

でも、ぽっちゃりなのです。

 

BMIは、参考程度に見るのが良いでしょう。

大切なのは、体重に対する体脂肪率の高さです。

 

もちろん、BMIを見ることで、肥満かどうかを測定することは可能です。

でも「ぽっちゃり」はわかりません。

自分のぽっちゃりと数値を見比べよう

 

自分はぽっちゃりしていると思う女性は、まず、身体組成を測りましょう。

体脂肪率が高いわりに、体重やBMIの数値は普通となれば、ぽっちゃりに見えるのが納得できると思います。

 

家庭用の体重計でも体脂肪率やBMIが表示されるものがあるので、それを使うといいと思います。

 

タニタ 体重 体組成計 日本製 BC-705N WH 自動認識機能付き/測定者をピタリと当てる

 

「太っている、ぽっちゃりである」というのは、体重だけではわかりません。

体重と体脂肪率を見ることで、正確に自分の体がどんな状態なのかを知ることができます。

 

でもこれは、「体重やBMIが普通のわりに」の話です。

体重もBMIも体脂肪率も高ければ、明らかに太っているという判断ができます。

そういうときは、まず体重を落とすような対処法をとると良いでしょう。

 

以上、ぽっちゃりに見える理由でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です