「本気の育毛日記」継続中!

「変わりたい」あなたの人生を変えるための1つの絶対的な原理原則。

こんにちは,hiroです。

僕は今、いろんなことに挑戦しています。

イラストを描くこと。

今以上にお金をえること。

「果たして、できるのだろうか…」

そんなこと考える必要はない。

できると思えば、できちゃうもんだから。

成功者がこぞって言うこと

「できると思えば、できる」

「できないと思えば、できない」

成功者の本を読むと、たいてい上の言葉が出てきます。

 

僕もそんな成功者を手本にして、何事も「できる」という気持ちをもって、取り組むようにしています。

しかし、できると思っても、心の奥底では「本当にできるんだろうか?」と不安に思ってしまうこともあります。

これは、「メンタル・バリヤー」と呼ばれることもあるようです。

変わりたいけど変われない人

 

できるのか不安。

できっこない。

目の前にそびえ立つ壁に目の当たりにした時、自分にブレーキをかけてしまうことが多いと思います。

 

僕もそうでした。

イラストをイラストレーターなみにかけるようになりたい(本当にできるんだろうか…?)

年収を1000万にしたい(本当に得られるんだろうか…?)

 

結局は心の声に負かされ、挑戦する意志をくじいてしまう。

そんな経験を何度もしてきました。

これが、「変わろうと思っても、変われない」という本質のひとつだと思います。

メンタル・バリヤーを打ち壊せ!

 

ではどうしたらいいか。

まずは、「できる」という心をもつ。

これが大前提。

次に、実際にできている人を知る。

知るというのは、実際に会うことであったり、成功者の心の持ち方、成功した方法を学ぶということ。

 

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、自分の感性を成功者の感性に近づければ、おのずと成功への引力に引っ張られていくのではなかろうか。

実際、スポーツの世界では、「できないと言われていたことが、あっさりできるようになった」という事例が多数報告されています。

陸上競技の1500m競走の有名な話

 

今まで、1500m走で4分を切ることは不可能と言われていました。

しかし、ロジャー・バニスターという選手が、初めて4分を切ることができました。

 

ロジャーが4分を切ったことで、周囲の人たちは「なんだ、4分切れるんだ!」と思うようになりました。

そして、ロジャーの記録更新をきっかけに、次々と4分を切る選手が続出したのです。

 

同じようなことが、水泳でも起こっています。

このように、できる人を知ることで、自分もできるという意志を強くしてくれます。

常にできると思おう

 

今できていなくても、いつか絶対できるようになる。

今変われなくても、いつか絶対変われる。

そう思うことで、自分のメンタルの壁が打ち破られ、新しいステージへ上がる道筋ができ始めます。

 

できっこない。

そう思ったら、本当にできない。

 

陸上のロジャーの事例にもあるように、できると思えば、いつかできる。

それがひとつの成功の法則だと思う次第。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です