「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

「CLIP STUDIO TABMATE」を買ったら劇的にイラストを描く時間が短縮した。

こんにちは、hiroです。

今回は、「デジタルイラストを描くときに欠かせない道具」のご紹介です。

 

CLIP STUDIO TABMATE

 

CLIP STUDIO TABMATEのメリット

(写真:イラストを描く時間を短縮できる)

結論から言うと、買って大正解でした。

最大のメリットは、クリスタのペンツールや消しゴムツールへの切り替えがパパッとできる点。

いつもは、液タブについているボタンを使ったり、ペンで画面にタッチして、ツールの変更をしていました。

「CLIP STUDIO TABMATE」を買ってから、ツールの切り替えが、素早くできています。

お手軽にツール変更できる

(写真:よく使うツールの切り替えがボタンひとつでできる)

ペンやキーボードで切り替えるのは、正直めんどくさい。

地味にストレスも溜まります。

けれど、「CLIP STUDIO TABMATE」は、ボタン一押しで、意図するツールに切り替えることができる。

いまやデジタルイラストを描くときに欠かせないほど、重宝しています。

ボタンをカスタマイズできる

(写真:パソコン上で自分好みにカスタマイズできる)

購入時のデフォルトの設定を自分好みにカスタマイズできます。

デフォルトの設定では、ホイール部分は、「拡大・縮小機能」です。

けれど、ホイールの感度が良すぎるため、拡大縮小には、あまり向かないと思います。

そこで僕は、ペンの太さを調節するようにカスタマイズしました。

ホイールを回すだけで、ペンを太くしたり、細くできる。

いちいち液タブをペンでタップする必要がないのが、時短にもなります。

たくさん設定できる

(写真:ボタン、ホイールなどたくさん設定できる)

たくさんボタンがあります。

自分がよく使っているツールを設定すれば、よりスムーズにイラストを描くことができます。

カスタマイズした直後は、どこにどの機能があるか迷いました。

けれど、結局は慣れ。

今では、無意識に手が動き、意図するツールのボタンを押すことができています。

僕の購入までの道のり

(写真:単三電池1本で動くのがうれしい)

アマゾンのレビューを見ると、あまり評価が高いとはいえませんでした。

なので、僕も最初、買おうかどうかすごく迷いました。

けれど結果、買って大正解。

もう「CLIP STUDIO TABMATE」がないデジタルイラスト作成は、考えられません。

持つ手がフリーになる

(写真:自由に手を動かせるのでラク)

ブルートゥースでつなげられるので、ボタンを持つ手は結構フリーです。

ストレスなく、素早くツールを変更できることが、こんなに嬉しいこととは・・・。

買って初めて気づきました。

絵を描くのに集中できる

(写真:ハンドボタンとデジタルペンの最強コンビ)

カスタマイズできる点が、何より大きいメリット。

自分の思い通りに、設定を変更し、思い通りにボタンを操る。

なんだかロマンを感じませんか?

こんな人におすすめ

(写真:ストレスがなくなり、時短できる)

迷っていたら、試してみる価値あります。

わずらわしいツールの変更で生じるストレスをなくしたい。

もっとデジタルイラストを描く時間を短縮したい。

あなたがそう思っているのであれば、「CLIP STUDIO TABMATE」はかなり有用だと思います。

ものは試し

実際に使ってみなきゃ、わからないこともある。

一度使ってみて、自分なりの評価をつけてみてはいかがですか?

僕は文句なしの星5つです。

さて、あなたの評価はどうなるか・・・。

自分の目で見て、手で使って感じてみて、「CLIP STUDIO TABMATE」の使いやすさを判断してみてはいかがですか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

CLIP STUDIO TABMATE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です