「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

「おい,お前。ど真剣に生きているか?」

「おい,お前。ど真剣に生きているか?」

自分にいつも問いかけています。

 

こんにちは,hiroです。

精神疾患にかかって1年半。

いつまでたっても,普通の生活に戻れていません。

一体,いつまで地獄が続くのか。

わらをもすがる思いで,1冊の本を手にとりました。

それが稲森和夫さんの「生き方」という本です。

 

生き方―人間として一番大切なこと

 

ど真剣に生きているか?

本の中には,心を高めることの重要性が書かれていました。

僕はその中でも特に,「ど真剣」という言葉に大きく心を揺さぶられました。

「ど真剣に生きているか?」

貴重な時間を無駄にしていないだろうか。

自分の1年半を振り返るきっかけとなりました。

精神疾患を理由に逃げていた?

確かに精神疾患は,厄介な病気。

脳の機能が異常になるのです。

まともに思考が働かなくなります。

しかし,苦しい中でも治療を続けていけば,症状が和らいできます。

もちろん,なかなかうまく治療がいかない人もいますが。

少なくとも僕の場合ですが,1年半が経過し,ようやく行動ができるようになってきました。

けれど,今までの病気のころの自分を恐れてしまい,思い切った行動をとることができません。

思いきった行動というと,大それたように聞こえますが,そうではありません。

健康だったころの当たり前にできていた行動という意味です。

例えば,仕事に行くという行動。

外出するという行動などのことです。

「病気だから仕方がない」

本当にそうなのかなと最近思い始めました。

もしかしたら,病気を理由に自分の殻に閉じこもっているだけかもしれない。

もちろん,殻に閉じこもるべき時もあると思います。

けれど今の自分を見ていると,どうしても現実から目を背けているようにしか感じないのです。

「それは違う。まだ病気が寛解していない証拠だよ」

そう言われるかもしれません。

というか,医者にそういわれました。

けれどこのまま,いつもと変わらない毎日を過ごしていたら,残りの人生ずっとこの状態が続いてしまいそうで怖いのです。

もちろん,治療を根気よく続けていくことは大事。

僕もそのつもりです。

けれど,少しでもいいからこの状況を打開したい。

そう思い,稲森さんの「生き方」という本を手にとったのです。

良い言葉に出会えた

「ど真剣に生きているか?」

この言葉に出会えたことに本当に感謝です。

なんというか・・・自分の意識の中の核ができたような感じ。

今まで宙ぶらりんだった僕の気持ちが,固まったような気がします。

この言葉が,僕の道しるべになってくれたのです。

苦しい時,辛い時。

数少ない楽しい時。

そんなときに,「ど真剣に生きているか?」という言葉を,自分に投げかけています。

すると不思議なことに,今を真剣に生きようとするのです。

「真面目に」とは感覚が違います。

本当に「真剣に」という感じ。

文章では伝わりづらいですが,良い言葉を自分に投げかけることで,その通りに自分の心と体が動こうとするのです。

なので,僕はことあるごとに「ど真剣」という言葉を使いまくっています。

内側から外側へ

「自分が内側で思っていることが,外側の行動に表れる」ということがよく言われます。

稲森さんの本にも書いてありました。

多くの人がそう言っているのであれば,きっとそうなんでしょう。

だからこそ,僕はできるだけポジティブな内面を作る努力をしています。

けれどここで問題なのが,精神疾患。

どうしても思考がネガティブになってしまうのです。

いくらポジティブになろうとしても,なかなかうまくいきません。

そんなときは,ポジティブな言葉を見たり,メモしたり,頭の中で繰り返し唱えたりしています。

そうすることで,自分から無理矢理ポジティブになるのではなく,言葉が導いてくれる感じがするのです。

洗脳みたいな感じですが,良い洗脳だと思います。

言葉の力を借りて,自分の内側のネガティブな気持ちをポジティブに変換していくと,もしかしたら今後の僕の行動が変わってくるかもしれません。

大切なのは,良い言葉を自分の中に落とし込むこと。

そのために,毎日,「ど真剣に生きているか?」という問いを投げかけようと思う次第。

 

生き方―人間として一番大切なこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です