「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

カップ麺を水で作ってみたが…悲惨な結果に終わった。

こんにちは、hiroです。

今回は、「日清カップヌードル(シーフード)を水で作ってみた」話です。

 

【ケース販売】日清 カップヌードル シーフードヌードル 75g×20個

 

結論から言うと、失敗に終わりました。

 

冷たい水はNG

 

僕がカップヌードルを水で作ったのは、12月の寒い冬。

冬はもちろん水が冷たい。

そのため、カップ麺に冷たい水を入れても、なかなか麺がふやけませんでした。

それどころか、30分経っても麺は固いまま。

ようやく食べられる柔らかさになったのは、45分くらいでした。

 

夏などの常温の水であれば、上手くいったかもしれません。

そこを考慮せず、冬の冷たい水で作ってしまったために、失敗に終わってしまったのだと思います。

おいしさは?

 

今回は、失敗に終わったので、おいしくはありません。

常温の水でつくったら、もう少しマシになったのかも。

当たり前かもしれませんが、お湯で作るよりも味は美味しくないかもしれません。

災害時に役立つ

 

水で作るカップ麺は、災害時に役立つということでした。

災害時は、お湯を沸かす環境がないかもしれません。

そこで緊急として、水でもできるカップ麺が活躍するのではなかろうか。

 

もちろん災害時は、おいしさにこだわっている暇がないかもしれません。

とにかく食べることが大切になります。

保存のきくカップ麺は、救世主になり得るということですね。

冬は不向き?

 

冬は水が冷たいので、カップ麺を作るのには不向きだと思います。

できれば、常温の水を備蓄しておくことが良いと考えます。

しかし、冷たい水でもカップ麺にずっと入れたまま1時間くらい放置すれば、もしかしたら麺がほどよく柔らかくなっているかもしれません。

 

今回僕が作った水のカップ麺は、失敗に終わりました。

45分でやっと食べられるレベル。

普通のお湯でやれば良かったと後悔するくらい。

次は、この経験を生かして、常温の水で作ってみたいと思います。

もしあなたが水でカップ麺を作ることがあるときに、この記事がお役に立てれば幸いです。

 

【ケース販売】日清 カップヌードル シーフードヌードル 75g×20個

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です