「本気の育毛日記」継続中!

デンマーク国民の8人に1人が観た映画「特捜部Q キジ殺し」。

こんにちは、hiroです。

今回は、デンマークの映画「特捜部Q キジ殺し」を観た感想を書きます。

 

特捜部Q ~キジ殺し~ [DVD]

 

デンマークでは、「国民の8人に1人は観た」というほどの大ヒット作品。

非常に見応えのある映画でした。

 

堅物刑事の奮闘

この作品の主役は、堅物で、無愛想な刑事、カール

そのカールが相棒のアサドと一緒に、未解決の事件を解決していくというお話です。

今回のお話は、前作「特捜部Q ~檻の中の女~ [DVD]に比べて、複雑な要素が絡み合った事件が特徴です。

観ていて混乱するくらい複雑で、話の最後には、何が何だかわからなくなりました(笑)

 

けれど確かなのは、カールが一生懸命、事件の関係者を守ろうとする姿でした。

そこには、カールの事件に対する信念があったのです。

その信念を聞いたとき、この人は仕事に誇りを持っているなと感じました。

前作との比較

前作「特捜部Q ~檻の中の女~ [DVD]」と今作「特捜部Q ~キジ殺し~ [DVD]」。

どちらがおもしろいか。

個人的には、「檻の中の女」のほうがおもしろかったし、引き込まれました。

今作は、少しいろんな方面に話が飛びすぎていた気がします。

けれど、ひとつ確かなのは、暗い映画なのになぜか引き込まれていくということ。

前作も同じような感覚を味わいました。

デンマーク独特だからか、北欧だからかはわかりません。

けれど確かに、惹きつけられる映画だと感じました。

 

特捜部Qシリーズはまだまだあります。

今のところ、第4弾まであるということなので、今後のカタブツ刑事の活躍に期待できそうです。

 

特捜部Q ~キジ殺し~ [DVD]

 

特捜部Q ~檻の中の女~ [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です