「本気の育毛日記」継続中!

僕のおすすめのキーボードは超打ちやすい!スコスコ感がたまらない!

パソコンのカタカタ音。

とても気持ちいいですよね。

今回は,僕が購入したHHKBのキーボードをご紹介します。

PFU キーボード Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S 日本語配列/白 PD-KB420WS

 

文字を打ったときの,スコスコ感がたまらない。

ずっとタイピングしたくなります。

まさに,病みつきキーボードですね。

 

キーボードの特徴

気持ちがいい打鍵音

 

他のキーボードと比べて,打鍵音が静かです。

メーカーによると,前のモデルより,静粛性が30%向上しているそうです。

打ち心地がよく,タイピング時にストレスがかかりません。

むしろ,ずっと打っていたくなるような感触です。

3000万回以上タイピングできるらしく,耐久性にも優れているのがいいですね。

スコスコ感が病みつきになる

 

静電容量無接点方式といって,キーボードを底まで押さなくても,文字が入力されるようになっています。

しなやかなタッチが可能になり,タイピング音が小さくなります。

さらに,強く押さなくていいので,指の疲労感もありません。

何より,タイピング時のスコスコ感は,本当に病みつきになりますよ。

非常にコンパクト

 

キーピッチはフルキーボードと同じなのに,かなりコンパクトです。

必要最低限のキーを揃えているので,かなりスッキリしています。

実際に,机においてみると,そのコンパクトさに驚かされました。

机の上をスッキリさせたい人におすすめですね。

傾き角度調整

 

キーボードの傾きを,3段階調節可能です。

そのため,自分に合った傾きを見つけることができます。

手首の疲れを軽減することにも,つながりますね。

キーボードカスタマイズ可能

 

底面に切り替えスイッチがあります。

Windows仕様にしたり,マック仕様に変えることができます。

HHKBのキーボードの配列は,従来のキーボードとは異なります。

例えば,左端の英数キーがContorolキーになっていたりなど。

 

いつもと違う配列に戸惑うかもしれません。

けれど,切り替えスイッチにより,従来のキーボードふうにキー配列を変更できるので安心です。

 

 

ただ,Back SpaceキーとDeliteキーが同じになるため,デリートしたいときは,FnキーとBSキーを同時に押さなければなりません。

そこがちょっとストレスかなと思いました。

慣れれば問題ないですけどね。

スコスコ音に憧れて

 

僕は今まで,高さのないキーボードばかり使っていました。

そんなある日,よそ様のパソコンを使う機会がありました。

そのキーボードは,高さのあるものでした。

 

実際に使ってみると,打鍵音や感触がたまらなかった。

今までは,「カチャカチャカチャ」という音でした。

それが,「スコスコスコ」という心地よい音を鳴らしていたのです。

タイピングするのが,超楽しかったです。

 

自宅用に,欲しいなと思っていました。

しかし,高い。

約3万円するんです。

キーボードに3万円費やす価値はあるのか,悩みました。

けれど,勢いで購入。

結果,買って大正解でした。

3万円という価格は,妥当なものだと感じたくらい。

 

毎日,パソコンを使う人は,キーボードにもこだわった方がいいかもしれません。

僕は,HHKBのキーボードを使って,ブログの記事を書くのが,かなりはかどっています。

仕事の効率を上げてくれる,高級キーボード。

自分へのご褒美に購入するのもいいかもしれませんね。

PFU キーボード Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S 日本語配列/白 PD-KB420WS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です