「本気の育毛日記」継続中!

シャーロックホームズ(吹き替え版)のラストは鳥肌が立ちました。

こんにちは,hiroです。

今回は,アマゾンプライムビデオで観た映画。

「シャーロックホームズ(吹き替え版)」の感想をシェアします。

 

シャーロック・ホームズ(吹替版)

 

僕がこの映画を観て,一番おもしろいと思ったのは,トリック

魔法のような不可思議な現象を,ホームズが推理していく。

謎が解けたときの爽快感がたまりませんでした。

簡単なあらすじ

1891年のロンドン。

若い女性を狙う,連続殺人が起きる。

魔法のような現象が起こる中,名探偵ホームズは,相棒のワトソンとともに,事件解決を試みるという物語。

魔法のトリック

トリック解明の瞬間,爽快な気分にさせてくれます。

 

絞首刑で処刑された人間が,よみがえる。

ピストルを撃ったら,撃った本人が炎に全身を包まれる。

などなど。

 

魔法のような現象が次々と起こります。

けれど,ホームズはそれを単なる巧妙に仕組まれたトリックと見破ります。

 

僕は,ホームズの聡明な頭脳に感心しっぱなしでした。

魔法の正体が明らかになる瞬間,何とも言えない爽快な気分を味わうことができます。

盟友,ワトソンの人柄

ホームズには,ワトソンという友人がいます。

そのワトソンをまきこんで,事件を解決していくホームズ。

ワトソンは,かなり迷惑そうな感じでした。

 

けれど,なんだかんだでホームズを助けてくれます。

ワトソンの親友を想う気持ちが,とても伝わってきました。

ワトソンの男気に惚れる…。

アクション満載

ミステリー映画なのに,アクション満載です。

あの名探偵シャーロックホームズが,まるでプロボクサーのように,敵を殴り倒しているのには,ビックリしました。

 

けれど,ただの殴り合いだけではありません。

名探偵にふさわしい,科学的な戦い方もあります。

 

電流を使った攻撃は,おもしろかったよ!

 

とにかく,アクション要素の多さに驚きました。

けれど,現実的に考えて,敵地に乗りこんで,話し合いで解決するというのは,あまりありません。

敵は必ず,ホームズをやっつけようとするはず。

そう考えると,アクションは外せない要素だと,僕は思います。

ラストのシーンが鳥肌もの

無事,事件を解決したホームズとワトソン。

そのラストに,鳥肌が立ちました。

 

名探偵ホームズの放った一言とは!?

 

名探偵ホームズのセリフで幕が下りる,この映画。

名探偵らしい,最後の一言が超しびれます。

僕的に,ラストは完ぺきな終わり方だと思いました。

何度でも見返したい名作

ホームズとワトソンの掛け合い。

トリックの謎。

事件の広がり。

見終えてみれば,壮大な映画だと感じました。

 

何度見ても,おもしろい。

見るたびに,名探偵の聡明な頭脳を味わえます。

 

僕の正直な評価
ミステリー要素
(5.0)
物語のおもしろさ
(4.5)
ラストの終わり方
(5.0)
おすすめ度
(4.5)

 

まだ観ていないあなた。

ぜひ,極上のミステリー映画を味わってみてください。

アマゾンプライムに登録すれば,いつでも何度でも,観ることができますよ。

 

シャーロック・ホームズ(吹替版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です