【ネタバレ・感想】魔王(伊坂幸太郎・作)を読んで。流される人生を歩まないために。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

今回は小説『魔王』(伊坂幸太郎・作)を読んで,

僕が感じたことを書きます。

 魔王 (講談社文庫)

何を感じたかというと,

「何気ない日常に流されているという危機感」です。

今の自分の生き方は,

無自覚に時代や時間に流されているのではないか。

小説『魔王』を読んで,

自分の今に危機を感じることができました。

あらすじ(ネタバレ含む)


主人公の安藤は,ある日,

他人に向けて言葉の念を送ると,

相手は自分が念じた言葉どおりに,

言葉を発することに気づいた。

安藤は,その能力を使って,

ある試みをしようとするが…。

という物語です。

時代,時勢に流される恐怖


小説の中で,

若者が放火しようとする場面に,

偶然出くわしてしまう主人公の安藤。

その若者のセリフが,

僕に危機感を与えてくれました。

若者「俺たちが小学生の時にアメリカはどっか,中東の国を攻撃しただろ,核兵器を持っている可能性がある,とか言ってよ。

その一方で,朝鮮半島の国は,核兵器を持っているって,自分から言ってるじゃねえか。

何でそっちは攻めないんだよ。

持ってない,って主張する国には爆弾を落として,持ってる,って威張ってる奴らは見守ってる,っていうのはどういうことなんだよ。

わかんねえっての」

魔王(伊坂幸太郎・作)

若者のこのセリフに対して,主人公は,

いろんな理屈や思惑が絡んでいると若者に言います。

このやりとりを読んだとき,

国際問題だけでなく,

自分たちの取り巻く日常においても,

この若者のような疑問は,

たくさん存在するのではなかろうか,

と僕は思いました。

むしろ,大人の都合だらけの世の中,

ともいえるのではなかろうか。

そんな世の中を,

自分はどう生きていくのか。

知らぬが仏と言いますが,

知らないで損をしたり,

不利益を被ることを考えると,

やはり,自分の身の回りの出来事くらいは,

しっかりと危機感を持って,

見つめるべきだと感じました。

目の前で起こる出来事を見つめると,

しがらみだらけで嫌気がさす,

なんてこともあるかもしれません。

ですが,知ることで,

自分の生き方の舵をしっかりととることが,

できるのではなかろうか。

情報化社会をどう生きるか


日々,膨大な量の情報が,

自分を取り巻いています。

その情報に触れないことも,

一つの手だとは思いますが,

どうしてもテレビやネットなどで,

情報は嫌でも目に入ります。

目の前に映る情報が,

100%開示された情報であればいいのですが,

大人の事情,大人の都合で,

闇に葬られている情報のタネもあると思います。

この小説を読んで僕は,

目の前に流れている情報に対して,

「ちょっと待てよ…」と思考を巡らせるなど,

自分の責任で情報を判断できるように,

訓練していきたいと思います。

今日の学び


時代や時勢に,ただ流されるだけではいけないという危機感をもとう。

自分の前に流れてくる情報に対して,鵜呑みにするのではなく,その情報に対して一息つき,思考を巡らせることが大切ではなかろうか。

他者まかせの人生ではなく,自分の責任と判断で日常を歩んでいきたい。

「哲カフェ学びの達人」hiro

小説『魔王』の物語自体は,

個人的にはピンときませんでしたが,

続編もあるみたいなので,

それを読んだら『魔王』の伏線も,

回収されるのではなかろうか。

やはり小説は,

日常を生きる上での心構えを与えてくれます。

主人公が歩む物語が,

僕にとって疑似体験になっています。

これからもたくさんの小説に触れ,

疑似的に生き方を学んでいきたいと思います。

魔王 (講談社文庫)

 モダンタイムス(上) (講談社文庫)

モダンタイムス(下) (講談社文庫)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告