【小説】オーデュボンの祈り(伊坂幸太郎・作)を読んで。(ネタバレあり)

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

未来が見えるって,

どんな感覚だろうか?

未来が見えるからこそ,

感じる苦しみがあることを知りました。

 オーデュボンの祈り (新潮文庫)

伊坂幸太郎さんの小説,

オーデュボンの祈り。

(※以下,あらすじとネタバレが多少あります)

コンビニ強盗未遂をした主人公が,

とある島に連れていかれる。

その島には,話すことができる,

カカシが立っている。

しかも,そのカカシは,

「未来が見える」らしい。

カカシが喋っているという,

目の前の現実に困惑する主人公ですが。

翌日,そのカカシは,

何者かに殺されてしまうのです。

未来が見えるはずのカカシは,

なぜ自分の死を防げなかったのか。

カカシの死の真相を,

最後に明かされたとき。

未来が見えるゆえの,

カカシの苦悩が明らかとなります。

孤島に登場する人物も,

個性豊かです。

唯一,島外と接点が持てる,熊みたいな中年男。

人を殺すことを容認されている美形の男性。

地べたに耳を当て「何か」を聴いている少女。

嘘しか言わない画家。

足を引きずり,鳥をかくまう男性。

皆,一風変わった人物だが,

これらすべての行動に意味がある。

その行動の伏線が回収されるにつれて,

明らかとなっていく,カカシの真の姿。

最後にカカシが選んだ選択は,

人間の愚かさと,未来への可能性を,

見出しているように僕は感じました。

伊坂作品は,

伏線回収がとても爽快であると感じます。

それぞれの伏線に意味があり,

最後の最後でひとつの真実へとつながっている。

伏線ものの小説が好きな人は,

伊坂幸太郎さんの世界観はおすすめです。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

シェアする

フォローする