【実践知】行動力のある人は,とにかく行動の初動が早いという特徴があることを学んだ。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

先日参加したセミナーの備忘録を,

今日も書きます。

関連記事:【実践知】社員が「辞める」と言ってきたとき,あなたならどっちの選択をしますか?

とある会社の社長さんの講演の中で,

リーダーとしての心構えを学びました。

そんな講演を聴いていると,

所々で社長さんが言う,

あるセリフが気にかかりました。

そのセリフとは,

「それをすぐにやってみたんですよ」

という言葉。

その社長さんは,

本から学んだこと,

人から聞いたこと,

良いと思ったことを,

すぐに行動に移している。

よく,成功者には,

「行動力がある」といいます。

もちろん大量の行動があるからこそ,

それに伴う結果も生まれるのですが。

社長さんの話を聴き,

「行動の初動・初速がはやい」

という原理原則を感じました。

とにかく良いと思ったことは,

即実践し,即フィードバックする。

PDCAサイクルを高速で回すからこそ,

優れた結果が出るのだと感じました。

そしてなにより社長さんは,

「即行動」が当たり前になっています。

一般的に,僕もそうですが,

何か行動を起こそうとするとき,

あれこれ思考を巡らせてしまいます。

頭で考えて,

納得してから行動に移してしまう。

けれどそれでは遅すぎる。

良いと思ったら即行動に移すことが大切。

「初速思考」という本の中で,著者であり,

若い時から責任者などの大役に抜擢されてきた,

金田博之さんはこう言っています。

これだけ変化の激しい時代にあっては,スピード感こそ競争優位の源泉であることを痛感します。

スピード感があるかないかで,残酷なほどに明暗が分かれてしまうのです。

「初速思考」金田博之・著

僕もセミナーに参加して,

社長さんのスピード感に驚かされました。

と同時に,「行動の初動のはやさ」が,

行動における原理原則なのだと学びました。

さぁ,セミナーで学んだことを,

「いい話だったなぁ」で終わらせないこと。

学んだことを,早速行動に移しています。

これぞ,初動のはやさですね。

今日の学び。

行動力とは,大量に行動するだけでなく,その「初動・初速のはやさ」が大切。

成功者はみな,当たり前のように「即行動」を繰り返している。

変化の厳しい時代において,スピード感があるかないかで,結果の明暗が分かれるといえるのではなかろうか。

「哲カフェ学びの達人」hiro

行動は初動・初速が大事といっても,

どのように実践すればよいのだろうか。

そんなとき,書店で目に入った,

「行動」と「初速」に関する本。

書名を見た瞬間,即買いました(笑)

まさに学んだことを即実践。

関連する本を読むことで,

さらに僕の行動が加速されるでしょう。

やはり,初動は早いほうがいい。

初速思考

鬼速PDCA

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告