【実践知】社員が「辞める」と言ってきたとき,あなたならどっちの選択をしますか?

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

先日お話したセミナーに参加してきました。

関連記事:【自分マネジメント】自分を成長させるのは上司じゃない,非日常だ。

とある企業の社長さんの講演を聴き,

たくさんの示唆を得ることができたセミナー。

その中で最も印象に残ったことを,

1つご紹介します。

「社員が辞める時も,経営者は社員の幸せを考えてあげる」

僕はこの話を聞いたとき,

胸がジーンとしました。

僕は現在,経営者でも何でもないですが,

もし,自分が人を雇う立場に立っていて,

社員が辞めたいと言ってきたら,

どういった対応をするだろうか?

おそらくは,

「辞めるやつのことは知らん」

と冷たい態度をとると思います。

しかし,講演された経営者は,

辞める社員に対して,

「困ったことがあったら相談に来なさい」とか,

「いつでも戻ってきなさい」と言ったり,

送別会を開いたりするそうだ。

「仕事が辛い」,「やりたいことがある」など,

どんな理由で会社を去るにしても,

温かいまなざしで,

社員の幸せを考えてあげているその姿勢に,

僕は感銘を受けました。

その後,一度去った社員が復帰する事例が,

たくさんあったそうです。

もちろん,後々戻ってきてもらうというような,

打算的な考えはありません。

純粋に社員の幸せを願っていたからこそ,

経営者と社員がつながったのだと思います。

その経営者からは,

「人との関わりやつながりに真摯に向き合うことが,お互いにハッピーになるコツ」

ということを示唆していただきました。

今日の学び。

社員が辞めてそばを離れても,社員の幸せを切に願う。

人との関わりに感謝をし,人との関わりの中でお互いがハッピーになるように努めると,物事は万事良い方向へ向かっていく。

人を尊重し,出会いに感謝する姿勢が,人間に取って大切なのではなかろうか。

「哲カフェ学びの達人」hiro

やはり,セミナーに行って正解でした。

じつは,行く寸前まで,

参加するのやめようか悩んでいました。

いわゆるドタキャンをしようとしていた(笑)

今回参加したセミナーでは,

たくさんの学びがありました。

やはり定期的に非日常を経験するのは,

自己成長のためには欠かせないものですね。

シェアする

フォローする