【仕事のマインド】根本的な悩み事の解決方法ではないけれど,悩みを一時的に追いやれる小さなコツ。

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

最近,悩み事があり,そのせいでボーっとしてしまうことがあります。

仕事中も手は動いているのだけれど,心ここにあらずの状態で,よろしくないです。

仕事が手につかないわけではないけれど,明らかに生産性は落ちてしまっている模様。

早急に,悩み事を解決できればいいのですが,なかなかうまくいきません。

しかしこのまま,仕事に支障をきたしていると,自分だけでなく,周囲に迷惑をかけてしまいます。

仕事のときだけは,なるべく集中して,生産性が下がらないようにしたいと思っています。

何かいい手はないだろうか,といろいろ考えても,なかなか打開策は見つかりません。

そんなとき,幸か不幸か,緊急の仕事が舞い込んできました。

その仕事は今までやったことがなく,周りの社員と協力しながら行うものでした。

周囲と連携しながら仕事にとりかかっていると,あることに気がつきます。

「あれ?今,すごく集中できてるんじゃないか?」

仕事に忙殺されることで,もはや悩んでいたことすら忘れていたのです。

今までは,ルーティンのような仕事をこなしていたので,意識を目の前に置かなくても仕事が完遂できていました。

しかし,今までにやったことのない仕事,いわゆる気を張る仕事だったということで,意識を研ぎ澄ませ,目の前で起こる物事に集中して対処していかなくてはなりませんでした。

そのおかげで,悩みがどこかへ追いやられ,仕事に集中することができました。そして,生産性もしっかり上がりました。

精神的に不安定だったり,悩み事に悩まされているときは,夢中になれる何かを行うといいということがわかりました。

すぐに夢中になれる何かが見つかればいいですが,なかなか簡単には見つからない時もあると思います。

僕も今回は,緊急の仕事が入ったおかげで,悩み事を忘れることができましたが,常日頃,緊急の仕事が入るとは限りません。

ですが,何かに集中する,特に体を動かすような何かを行うことで,不安定な精神を一時でもどこかに追いやることができることがわかりました。

今後,悩み事があり,それをどこかへ追いやりたいと思ったときは,運動なり,散歩なりでカラダを動かして,安定した精神を呼び戻そうと思います。

今日の学び。

悩み事があると,精神的に不安定になり,仕事の生産性も落ちてしまう。

そんなとき,悩むヒマを与えない何かに取り組むことで,悩み事を一時,どこかへ追いやることができる。

根本の悩みのタネを取り除くことが難しければ,一時,その悩みを棚に上げることで何か突破口が見いだされるかもしれない。

「哲カフェ学びの達人」hiro

そういえば,アルゼンチン出身のサッカー選手であるメッシ選手がテレビのインタビューで悩みについて答えていました。

インタビュアーがメッシ選手に対して,「何か悩みがありますか?」と問うたのに対し,メッシ選手は「忙しすぎて,悩むヒマなんてないよ」と苦笑いしていたのを思い出しました。

やはり,意図的にでも忙しくすれば,悩みのことを考えるヒマもなくなるものだと感じます。

心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 (単行本)

悩みごとの9割は捨てられる

 和解という知恵 (講談社現代新書)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告