【自分マネジメント】終末のフール(小説)に出てくる名言に出会ったことで,僕の休日の過ごし方が変わりました。そのセリフとは?

こんにちは。

「哲カフェ学びの達人」hiroです。

僕は休日の過ごし方が,

ものすごくヘタクソ。

仕事もないから,

朝はゆっくり睡眠の時間。

朝昼兼用の食事を食べたら,

午後は家のソファでゴロゴロ。

ゴロゴロしながら,

基本,YouTubeを見ています。

頭を使わず,

ただボケーっと画面を眺めています。

そして夕方から夜にかけて,

自責の時間が始まります。

「今日一日無駄な時間を過ごしてしまった」

「もっと活動的に過ごしたほうが良かった」

もっと時間を有意義に使わなきゃと,

もう何年も思い続けてきました。

それでも僕の休日は,

今でも無駄のオンパレード。

そんなとき,

一冊の小説に出会いました。

それがこちら。

 終末のフール (集英社文庫)

「重力ピエロ」や「オーデュボンの祈り」などを書いた伊坂幸太郎さんの作品です。

「簡単なあらすじ」

8年後に小惑星が落ちて,「地球は滅亡してしまう」と予告された5年後の世界を描いた小説。

刻一刻とせまる地球滅亡の中で,人々はどのような心境で,どのような行動をとるのかがつづられている。

「今日を生きる意味」を,様々な登場人物の行動と感情で説いてくれる。

※以下,ネタバレあります。

終末のフールを読んで,

とても印象に残った言葉があります。

それは,

「あなたの今の生き方は,どのくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

というセリフ。

このセリフは,

登場人物のひとりである,

ボクサーの苗場さんが,

記者の質問に答えたものです。

記者「明日死ぬといわれたらどうしますか?」

苗場「別に変わりません,明日死ぬといわれたら生き方が変わるんですか?あなたの今の生き方は,どのくらい生きるつもりの生き方なんですか?

このセリフを読んだとき,

胸がジーンとしました。

僕自身に言われているような気がして,

ハッとさせられました。

僕の一日は,はたして,

どのくらい生きるつもりの一日なんだろう…。

思わず考えてしまいまた。

おそらく,僕だけでなく多くの方が,

「今日はダラケてしまったなぁ」

と思うことがあるのではなかろうか。

生産性のない時間を過ごすことが,

一概に良くないこととはいえません。

けれど,

成長したいと思っている人にとっては,

無駄な一日というものが,

ものすごく自分にとって,

悪に感じてしまうかもしれません。

そして自分を責めて,

さらに落ち込むという悪循環に…。

この状況に陥っている人にとって,

苗場さんのセリフは,まさに叱咤激励。

自分に鞭を打ってくれるセリフ。

「あなたの今の生き方は,どのくらい生きるつもりの生き方なのか」

自問自答することで,

「これではいけない!」

と自分を奮い立たせてくれるはず。

僕も,とくに休日は,

苗場さんのセリフを思い返しています。

思い返すたびに,

「今日は有意義に過ごしてみせる!」

と意気込みます。

その成果があってか,

今では休日の過ごし方が,

YouTubeから読書へと変わりました。

ボケーっとする休日が,

知識のタネを体に植え付ける休日に。

いい傾向です。

苗場さんのおかげです。

あなたも,ぜひ,

「自分の今の生き方は,どのくらい生きるつもりの生き方なんだろう」

と自問自答して過ごしてみてはいかがですか?

濃い一日が過ごせるようになるかもしれませんよ。

今日の学び。

怠惰な生活に終止符を打ちたければ,終末のフールを読もう。

登場人物の苗場さんのセリフが,自分を奮い立たせてくれるはず。

「あなたの今の生き方は,どのくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

密度の濃い一日を過ごすためにも,このセリフを反すうしてみてはいかがだろうか。

「哲カフェ学びの達人」hiro

終末のフールは,

地球滅亡がせまるなかで,

「どう行動し,どう思うか」

という生活や感情が描かれている小説。

苗場さんをはじめ,

多くの登場人物の人間模様が,

読み手の心を揺さぶってくれます。

心の栄養となる小説,終末のフール。

生きているうちに,一度は読んでおきたい小説だ。

終末のフール (集英社文庫)

重力ピエロ (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告